多趣味備忘録 

アクアリストでボタニカーでもある30代会社員アングラーが気ままに好きな事を記すブログです。水草水槽、観葉植物の記事多め。

「クチバシ マスク」で検索すると出てきたペスト医師。中世ヨーロッパのパンデミック


スポンサード・リンク

先日、黒い鳥のクチバシの様なマスクをしている人を見かけました。

 

これほど多くの人がマスクをしているのを見たことがない現在の状況。

 

自分が知らないだけでこうゆうマスクも流行しているのかなとインターネットで「クチバシ マスク」と検索すると出てきた画像の中に奇妙な絵が。

 

 

 

f:id:nature_1129:20200508215935j:plain

 

怖いよ。

 

検索で出てきたこれではなく、もっと怪奇な感じの絵。

 

でもなにかの漫画で見たことあるマスクだ。

 

ペスト医師とある。

 

冒頭のクチバシのようなマスクをした人はここまで顔全体を防護しているものではありません。口だけでした。

 

気になったので少し調べてみる事に。

 

ペスト

 

ペストとは別名黒死病と呼ばれる感染症で、ペスト菌の感染によって起きる人類の歴史を通じて最も致死率の高かった伝染病だそうです。恐ろしい。

 

ペストは動物由来感染症でネズミにつくノミを媒介として広まり、動物から人、人から人への飛沫感染があるとの事。

 

動物由来感染症といえば狂犬病やエボラ出血熱もそうですよね。

 

現在の新型コロナウイルスもセンザンコウやコウモリが感染源の可能性があるとかないとか。

 

ペストに関しては現在は治療を受ければ85%は助かるとの事ですが、中世から流行していた感染症なのに、現代の医学を持ってしても85%なのかと思ってしまう。

 

ペスト医師

 

このペスト患者を専門的に治療していたのがペスト医師です。

 

 

f:id:nature_1129:20200508233036j:plain

 

ペスト医師はペスト患者を多く抱えた都市から特別に雇用された人たち。

 

クチバシのようなマスクは現在で言うエアロゾル感染を防ぐ為のものだったとの事で、クチバシの中には大量の香辛料を入れていたんだそう。

 

当時は植物やハーブなどの良い香りを吸うと悪い空気が浄化されると信じられていたようです。

 

治療法

 

ただこのペスト医師、どんな治療をしていたのか調べても詳しいものはあまり出てこない。

 

腫れたリンパに蛭をあてがったりして瀉血していたそうです。

 

瀉血(しゃけつ)は体内の血液を排出させる治療法。

 

ノストラダムスもペスト医師だった

 

あのノストラダムスもペスト医師として治療や予防対策に携わったんだそう。

 

その他、有名な錬金術師の方など著名人もいたようですが名前を見ても分からなかった‥

 

終わりに

 

ペスト医師たちの治療によってペストの流行が抑えられたのかどうかは定かではないようです。

 

ペストによる最後のパンデミックは半世紀ほど続いたとの事。

 

現在のパンデミックはいつ収束するんだろうか。